モーゲージバンクの住宅ローン。SBIモーゲージでフラット35。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

預金が資金となる銀行は住宅ローンが苦手 

銀行は、集めた預金が資金となっており、預金に対しては、利子を支払わなければなりません。

現在のような超低金利時代においては、いつ何時、金利が上昇してもおかしくはなく、そうなると銀行が預金に対して支払わなければならない利子が上昇します。

一方、低金利で貸し出した住宅ローンから得られる銀行の利子収入は、低い状態が固定されたままの状態が続きます。

つまり、銀行にとっては「逆ザヤ」の状態です。

かつ、住宅ローン長期固定金利では、その状態が約30年は続くことになります。

その間、莫大な資金が未回収のままとなり、「逆ザヤ」を埋めるための積極的な融資事業を展開することも困難となり、破綻の引き金になりかねません。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。