モーゲージバンクの住宅ローン。SBIモーゲージでフラット35。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーゲージバンクとはなにか 

モーゲージバンクとは、ローンの貸し出しを専門に行う金融機関であり、銀行のように預金を集めることはありません。いわゆるノンバンクタイプの金融機関です。

モーゲージバンクは、銀行のように、集めた預金からお金を貸し出すのではありません。

モーゲージバンク住宅ローンを「証券」化して、投資家からお金を集めます。

その集めたお金を住宅ローンとして貸し出し、出資した投資家には住宅ローンの返済金がリターンとして支払われる、というしくみです。

この証券を実際に購入するのは個人投資家ではなく、生命保険会社や年金基金などの機関投資家です。

スポンサーサイト

モーゲージバンクはなぜできたか 

モーゲージバンクは、長期固定金利による住宅ローンを取り扱うことができるしくみとして開発されました。

従来の住宅金融公庫は、国の税金の一部を使って金利を負担することで、住宅取得にかかる金利を抑えるしくみであったため、税負担の議論の中で、廃止が決定され、それに変わるしくみとして、住宅ローンの証券化が検討されてきました。それが、モーゲージバンクです。

現在のような、超低金利時代においては、いつ金利が上昇してもおかしくありません。

その際に、長期固定金利低金利住宅ローンを扱ってきた銀行は、大きなリスクを負うことになり、破綻の引き金にもなりかねません。その弱点を埋めるのが、モーゲージバンクというしくみなのです。

過去に、現在の日本と同じような金融危機を乗り越えてきたアメリカでは、すでにモーゲージバンクが普及しており、住宅ローン取り扱いの7割はモーゲージバンクが占めていると言われています。

モーゲージバンクは主に公庫の「フラット35」を扱っている 

モーゲージバンクは、証券化された独自の住宅ローン商品も扱うことができますが、現在は主に国民金融公庫の住宅ローン商品「フラット35」の仲介業務を行っているのが現状です。

モーゲージバンクが主に扱う「フラット35」は、公庫が開発した住宅ローン証券化のしくみを利用して、長期固定金利を実現した、すぐれた商品であると評価されています。

そもそもモーゲージバンクは、銀行機能を持たない仲介業者(ブローカー)なので、公庫の「フラット35」の取り扱いを行うことには何の支障もありません。

モーゲージバンクは長期固定低金利が得意 

モーゲージバンクは、預金を持たないノンバンクです。

モーゲージバンクは、生命保険会社や年金基金など、長期で安定した運用を望む機関投資家から資金を調達し、それを住宅ローンとして貸し出す「直接金融」です。

融資の利子ではなく手数料収入なので、モーゲージバンク低金利による長期固定金利住宅ローンが得意です。

しかし、住宅ローンを証券化するモーゲージバンクと違い、一般的な銀行による住宅ローンは、集めた預金から住宅ローンを貸し出しています。

そのため、銀行の住宅ローンの利子は、銀行が支払う預金利子+銀行のマージン、となるわけです。

預金として借りたお金を、住宅ローンの借主に貸しているので、「間接金融」です。

変動金利や短期固定の住宅ローンは得意なのですが、長期固定低金利での融資は、リスクが高くなり、苦手なのです。

 

預金が資金となる銀行は住宅ローンが苦手 

銀行は、集めた預金が資金となっており、預金に対しては、利子を支払わなければなりません。

現在のような超低金利時代においては、いつ何時、金利が上昇してもおかしくはなく、そうなると銀行が預金に対して支払わなければならない利子が上昇します。

一方、低金利で貸し出した住宅ローンから得られる銀行の利子収入は、低い状態が固定されたままの状態が続きます。

つまり、銀行にとっては「逆ザヤ」の状態です。

かつ、住宅ローン長期固定金利では、その状態が約30年は続くことになります。

その間、莫大な資金が未回収のままとなり、「逆ザヤ」を埋めるための積極的な融資事業を展開することも困難となり、破綻の引き金になりかねません。

モーゲージバンクの資金調達は長期安定運用を望む機関投資家 

モーゲージバンクの資金は、長期安定運用を望む機関投資家から調達されます。

銀行の破綻を防ぐため、住宅ローンを証券化し、住宅ローンの返済からのリターンを期待する投資家より資金を調達して、銀行はその住宅ローンの借主の窓口として手数料収入を得るというしくみが開発されました。

それがモーゲージバンクです。

短期貸し出しが得意な銀行にとって、苦手な住宅ローンの取り扱いは、保険会社や年金基金などの、長期にわたる安定運用を望む機関投資家にとっては、とても有利な商品なのです。

モーゲージバンクで低金利 

モーゲージバンクは、従来の支店展開による銀行とは違い、インターネットや電話を使った効率的な営業活動や事務業務を構築し、かかる経費を大幅に縮小しているので、銀行が扱う住宅ローンよりとても低金利に抑えられています。

また、モーゲージバンクは、預金を集める必要がないことと、預金に対する支払い利子の負担がないことも、低金利住宅ローンを実現しています。

モーゲージバンクで柔軟な審査 

モーゲージバンクに限らず、住宅ローンの証券化により、ローン回収のリスクがなくなったことで、従来の銀行ローンに比べて、審査も柔軟になったと言われています。

モーゲージバンクで保証料無料 

モーゲージバンクに限らず、住宅ローンの証券化により、ローン回収のリスクがなくなったことで、従来の銀行ローンでは必要とされていた保証会社への保証料の負担が不要になってきています。

返済に含まれ、返済金利に含められていた保証料が不要になることは、大きなメリットですね。

 

モーゲージバンクで繰上げ返済手数料不要 

モーゲージバンクでは、繰上げ返済の際の手数料も無料化しているところが多くなっています。都合がいいときには繰上げ返済を行い、できるだけ早く完済することで、金利の支払いを減らしていきたいものです。

SBIモーゲージ 

住宅ローンには、住宅金融公庫と提携した、お得で安心な全期間長期固定金利の「フラット35」を取り扱っています。

借り換えには、期間によって6種類の長期固定金利タイプを選べるマイホームローンを提供しています。

不動産投資には、全期間固定金利の不動産投資ローンを提供しています。

楽天モーゲージ 

総支払額で選ぶなら、「フラット35」は楽天モーゲージ。総支払額ランキング1位を目指します。

・楽天ならではの低金利2.871%(H19.2実行金利) ・最長35年前期間固定金利 ・ネットで簡単!来店不要でご契約 ・住宅ローンに関する手数料が不要。手数料0円、繰上げ返済手数料0円。

ジェイ・モーゲージバンク 

JMB住宅ローン【フラット35】は、株式会社ジェイ・モーゲージバンクが、住宅金融公庫と提携して実現した“長期固定金利”の住宅ローン商品です。

・金利変動がないから、ずっと安心(最長35年) ・保証料・保証人が不要 ・建設費用や購入費用の90%までお借り入れ ・繰上げ返済手数料が不要 ・物件検査で、住宅の質を確保 ・アフターサービスも万全

日本モーゲージサービス 

MSJフラット35は、MSJと住宅金融公庫が提携して実現した長期固定金利住宅ローンです。公庫独自の基準を設けて住宅の質を保全しながら、長期固定ローンを提供します。

=最長35年の長期固定ローン

MSJフラット35は最長35年の超長期固定ローンです。返済途中で金利が変わらず、お借入れ時から返済終了までの返済額が確定するので、返済計画が立てやすくなります。

=最高8,000万円まで融資可能

地域や住宅の構造・規模による融資額の制限はなく、金額は100万円~8,000万円まで、建設費や購入価額の90%まで融資可能です。

=保証料\0、繰上返済手数料も\0

初期費用で民間の住宅ローンで必要となる保証料や、ご返済中の繰上返済や返済条件の変更を行う際も手数料は\0です。

=独自の基準で、住宅の質確保

住宅の断熱・耐久性などについて公庫が独自の技術基準を定めて検査を行うので、住宅の質の確保が図られています。

協同住宅ローン 

協同住宅ローンは、住宅ローン専門のモーゲージバンク

住宅金融公庫の証券化支援事業を活用した長期固定金利商品「協住フラット35(公庫買取型)」を提供しています。

全期間固定金利(最長35年)で、借入時に返済終了までの返済額が確定しますので、返済途中で金利が変わりません。

長年の実績に基づいた実績とノウハウで安心を提供。

東芝住宅ローンサービス 

平成8年よりマンションや戸建住宅の購入者様向けに不動産の引渡しから住宅金融公庫等の公的住宅融資が実行されるまでの期間の「つなぎ融資」を取扱い、高い評価を得ています。 平成15年にはノンバンクとして初めて住宅金融公庫住宅融資の[代理受領権]認可を取得、平成17年2月、住宅金融公庫「証券化支援事業 <フラット35買取型> 」の業務を受託しました。

【東芝・フラット35】

◇ 最長35年間の固定金利。 ◇ 住宅購入費(土地購入を含む)の80%(8000万以下)までの融資が可能。 ◇ 保証料・保証人が不要。 ◇ 繰上返済手数料が不要。(繰上返済は100万円からできます) ◇ 公庫団信の利用が可能。 ◇ 返済口座は現在お使いの金融機関口座(郵便局を除く)を利用可能。

全住宅ローン 

取り扱う住宅ローンは、住宅金融公庫が提供している「フラット35」です。

借入額は、100万円以上8,000万円以内(1万円単位)。

提携金融機関の併せ融資を利用することにより、90%を越えるお借入も可能です。

東京合同ファイナンス 

フラット35(公庫提携型)は、住宅金融公庫の証券化支援事業を活用した最長35年の低利の長期固定金利住宅ローンです。

・借入全期間を通じての固定金利です。 ・平成19年3月ご融資実行分から融資額は所要資金90%まで、最大8,000万円まで借りられます。 ・保証料は不要、また繰り上げ返済の手数料も不要です。

住信・松下 フィナンシャルサービス 

SMFC住まいるフラット35

住信・松下と公庫が提携した、長期固定金利型住宅ローン。 金利が変動しないから安心。 最高8000万円までお借入れできます。 保証料0円、繰上げ返済手数料0円。 住宅の質も確保、物件検査で安心。

財形住宅金融 

・お借入時からご返済まで(最長35年間)金利は変わりません! ・最高8,000万円までお借入れできます! ・物件検査を行い、住宅の質を確保します! ・保証料0円、繰上返済手数料0円! ・財住金の財形住宅融資を併用すると、融資手数料が半額になります!  42,000円(税込み)⇒21,000円(税込み) ・財形貯蓄を積立していない方でもご利用いただけます!

優良住宅ローン 

■最長35年の長期固定金利

「フラット35」は最長35年の全期間固定金利です。 お借入れ時に返済終了までの返済額が確定し、 返済途中で金利が変わりません。

・将来金利が上昇するとお考えで、今の金利で毎月の返済額を確定させたい方 ・将来金利が上昇した場合に、月々の返済額も増加してしまうと返済が大変だとお考えの方

■融資額は最高8000万円

融資額は100万円~8,000万円で、建設費用や購入費用(消費税を含む)の80%までご利用いただけます。

・地域・構造・規模による制限はありません。 ・申込前2年以内に取得した土地の購入費用も、住宅建設費用と併せてお借入れいただけます。 ・土地が借地の場合もご利用いただけます。

■保障料0円、繰上げ返済手数料0円

保証料、保証人は不要です。 さらに抵当権設定時の登録免許税もかかりません。

・ご返済中に、一定の金額をまとめて返済(繰上返済)すると、将来かかるはずの利息を支払わなくてすみますので、ローン完済時までの総返済額を抑えることができます。 ・フラット35は、何回繰上返済を行っても手数料はかかりません。

■住宅の質も確保、物件検査で安心

住宅の耐久性などを定めた技術基準について検査を受けた物件が対象となります。

・住宅の質が確保されています。 ・住宅に末長く住んでいただくための安心が得られます。

住生活グループファイナンス 

■住生活フラット35

住宅金融公庫と住生活グループファイナンスが提携した「長期固定金利(15年~35年間)」の住宅ローンです!

■商品特徴

適用金利は融資実行時の長期固定金利です(申込時の金利ではありません)。 フラット35の実行後、直ちに住宅ローン債権が住宅金融公庫に譲渡されます。住宅ローン債権譲渡後も 融資金利、返済期間等の融資条件は変わりません。フラット35の回収、融資期間中の管理業務は、金融公庫からの委託により、住生活グループファイナンスが行います。

NTTファイナンス 

■概要

NTTファイナンスフラット35は当社と住宅金融公庫が提携して実現した長期固定金利の住宅ローンです。

住宅金融公庫は当社のように、フラット35を取り扱っている金融機関から住宅ローン債権を買取り、それを担保とする債権を発行する事で、長期の資金調達を行い、長期固定金利の住宅ローンを提供する仕組みを支えています。

■スキーム

お客様が住宅ローンの資金をお受取になると同時に、当社はお客様に対する住宅ローン債権を住宅金融公庫へ譲渡します。

お客様の住宅ローン債権が当社から住宅金融公庫へ譲渡されても、融資金利や返済期間などのご契約条件に変更は無く、ご返済いただく金融機関も申し込み時と変わりません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。